トップページ > 奈良県

    プログラミングスクール選びを奈良県で迷っている人へのサイトです。

    プログラミングスクールは数多くありますが優良なスクールは限られています。

    特徴として、

    ・オンラインでも受けられる
    ・未経験からプロレベルまで成長できる
    ・就職、転職までのサポートが手厚い
    ・独立、フリーランスになりたい人もカバー
    ・一人一人へのフォローがある

    こういったことがあります。

    このサイトではプログラミングスクールを奈良県で探している人に、厳選したスクールだけを紹介しています!!
    厳選した3つのプログラミングスクールです。
    侍エンジニア塾

    侍エンジニア塾の特徴として、何といっても完全マンツーマン授業、そしてフルオーダーメイドカリキュラムといったことです。

    他のスクールでも担当のスタッフはつきますが、期間を通して全て同じ講師がつくところはほとんどありません。

    また自分に合ったレッスンだけを効率良く受けられるようにカリキュラムを入念に組んでくれるのもこの侍エンジニア塾の特徴です。

    これにより、授業についていけなくなったり、自分の目的に合わない授業を無駄に受けさせられることもありません。

    まずは体験レッスンで、言語習得方法・仕事獲得ノウハウ・オーダーメイドカリキュラムといったことを無料で教えてもらえるので、とりあえず受けてみることをおすすめします。






    TECH::EXPERT

    TECH::EXPERTは500時間の学習で未経験からプロレベルまでのプログラミングを習得できるスクールです。

    何よりも転職へのサポートが手厚く、「転職できなければ全額返金」という手厚いフォローまでつけています。

    20代だけでなく30代のスクール生も多く、同じく転職に成功させています。

    対面、オンライン両方にも対応していますし、教室のある東京に住んでいない遠方の方でも問題なく受講することが出来ます。

    TECH::EXPERTもまずは無料カウンセリングで色々と相談してみるといいですよ!!






    Tech Boost

    Tech Boostは満足度97%と高い実績のあるスクールです。

    メンターと2人3脚でWebアプリを開発までをサポートしてくれるなど手厚いフォローもあります。

    渋谷に教室がありますが、オンラインでも受講ができます。

    Tech Boostも転職には強いと評判ではあります。

    ただ基本的には自分でペースを作ってレッスンを受けていかないといけない、自学スタイルになるので、それなりに自立心がある方向けのスクールとなります。







    プログラミングスクールを選ぶ時に外せない条件を満たしたものだけを紹介しました。

    大抵の人がプログラミングスクールに通おうと考える目的が、

    ・就職や転職
    ・独立や起業

    といったことだと思います。

    どちらかに当てはまるなら、まずは1位の侍エンジニア塾を選んで間違いないかと思います。

    迷う場合は無料の体験レッスンを受けてみましょう!!

    20代を通して音楽活動をずっと続けていました。30歳を迎えてもまだ音楽だけではご飯を食べられるようにはなっていなかったので、地に足をつけた生活がしたくなり、就職することにしました。 それまで就職したことがなかったので、いきなり働かせてくださいと言っても、どこの誰だか、何ができるのか、まるでわからないような人を雇ってくれるようなところもないだろうと考えて、まずは人の役に立つ何か技術的なウデを身につけるようと思いました。 ネットで自分でもできそうな持っていきそうなものを調べてみると、ウェブサイトの作成やプログラミングなどができそうに思えたのですが、ネット上の断片的な知識だけでは簡単には身につかなそうに思えたので、本屋に行って HTML と CSS と javascript の ことが載っている本を3冊ぐらい買ってきました。 本のサンプルをひととおり写経したあとで、かっこいいサイトのレイアウトを参考にしながら見せられる Web ページを作り、それをもって派遣登録をしたところ、幸運なことに派遣社員として働きはじめることができました。 その後いくつかの会社で実績を積む中で VBA や PHP なども使えるようになり、現在は最後に派遣社員として働いていた Web サービスを展開する会社にプログラマーとして正規雇用していただき、日々プログラミングのお仕事をさせていただいております。 私は22歳で文系大学を卒業と同時にIT企業の中でも独立系のソフトウェア開発会社に就職しました。文系大学ではありましたが、独学でプログラミングを勉強したことを生かせると考えたからです。当時、1998年頃は2000年対応が叫ばれていた時期で、最初の仕事は2000年対応でした。プログラミングがしたかった自分としては嬉しい仕事ではありませんでしたが、文系だからという理由で選ばれたプロジェクトでした。プログラマーとして成功するために就職したはずが、という悔しい思いがありましたが、その後はパッケージソフトの開発プロジェクトに配属され文系でもIT企業でやっていけることを証明できました。入社して3年目で、大阪から東京へ転勤となり大手IT企業へ常駐して開発作業を行い、プログラマーからSEへと徐々に経験を積んでいきました。現在では、数千万規模の開発プロジェクトでPLとして仕事をするまでに至っています。文系だからできないだろう?という偏見を払しょくしたかった自分としては、ある程度の目標は達成できたのではと考えています。これから先ももっと大規模なプロジェクトに参画し、より大きな役割を果たすことができればと考えています。IT業界へ就職したことは自分にとって間違いではなかったと確信しています。
    私は20歳までにc言語とjavaを専門学校で学び23歳にはすでにソフトウェア会社に就職をしていました。基本的に市場に多く出回っていて使い勝手の良い言語がC++やc言語です。学ぶに際してはヒューマンアカデミーで学びました。ただ、c言語やjavaでプログラムが組めるだけでは今の現状では厳しいと思います。理由としてはプログラマーは今、市場にあふれていてビジネスとしてはあまり成り立っていません。2005年よりも前だとITの仕事は多くありましたが、今の現状ではシステムがほぼ完成しており、システムを応用して新しい事業を考えつく人間の方がよいしょされます。昔は若ければ若いほどプログラマーは良いとされていましたが、今は若ければよいという物ではなく、年を取っていてもシステムを応用して新しいことを考えられる人間の方が求められているのでプログラムが組めるだけでは就職は難しいように思います。今だったら人工知能に使用されているPythonを学ぶことで就職に有利に働くと思いますが、いかんせん、Pythonはまだプログラムを性格に組める人がおらず、未知数のプログラムです。スマホならPHPを使用してサーバー上で動くプログラムを組むことができたら、スマホアプリ開発くらいの仕事は貰えるでしょう。